ネクタイのディンプルの意味や作り方について - 結婚式で悩むネクタイ

結婚式で悩むネクタイ

  • ネクタイのディンプルの意味や作り方について

    • ディンプルとはえくぼという意味でネクタイのノット部分の下側にできるくぼみのようなもののことです。

      普段、ネクタイをあまり結ばない人などにとってはこのディンプルはよれているような印象を持つかもしれませんが、ディンプルは陰影を作ることで立体的な印象を与え、美しく見せるためのファッションのひとつです。

      ディンプルには中央にひとつくぼみを作るシングルと、両脇に2つくぼみを作るダブルの2タイプがありますが、ダブルの方がより華やかで遊び心のあるスタイルとされています。
      このようにディンプルはオシャレに大切な要素のひとつですが、必ずディンプルを作る必要があるわけではありません。

      ネクタイの特別な情報を載せています。

      特にナロータイという細身のネクタイの場合、ディンプルがなくても美しく見えることからディンプルを作らないのが基本的なスタイルとされています。



      また、ディンプルはあくまでファッションであって、マナーではありません。

      むしろ華やいだスタイルを演出するものですので、葬式や慰霊、謝罪などの場にはふさわしくないばかりでなくマナー違反となりますので注意が必要です。

      なお、ディンプルの作り方ですが、ネクタイを締める際にノットに大剣を通したらノットの奥の方に指を入れて中心部分をくぼませながら締るとシングルタイプのディンプルができあがります。
      この時にノットの奥の方からくぼみを作ると、時間が経ってもディンプルがとれにくくなります。


      またダブルの場合には大剣の両サイドを手前側に折り返すようにくぼみを作ります。


      化学繊維の薄い生地だとディンプルを作るのが難しいので、何度やっても上手くディンプルができない場合には思い切ってシルクなどでできた生地の厚いネクタイを購入することをおすすめします。



top