結婚式で悩むネクタイ

  • ネイビースーツに合わせるネクタイ選び

    • 正統な紺は万能色ですが、それ故にどんな色を組み合わせるかで装いのイメージが変化します。

      ネクタイに関連した書きかけ項目です。

      紺のスーツはどんな色とも相性がよくコーディネートしやすい色なのでシャツやネクタイの役割がとても重要です。

      特にネクタイの色はシャツの色以上にVゾーンの印象を大きく左右します。



      色の特性を知っておくことが仕事のイメージづくりには有効です。



      例えば、紺に対して水色の同系色などは落ち着きを表します。

      最もベーシックな配色はネイビーストライプのスーツにスカイブルーのネクタイなどをプラスした装いです。


      ブルーには清涼感があるので特に夏場のイメージづくりには効果的で、クリーンなイメージを作り出す最強タッグです。話しかけやすい印象を与えることができるので、初対面の人に合う時や接客業などで使いやすい色合わせになります。


      また、イエローの入ったネクタイは快活なイメージになるので、コーディネートのアクセントに使えます。明るく社交的なイメージを与えることはビジネスの商談の上では効果的です。


      周囲の視線を集めるのにも効果大なので、大勢が集まる会合やパーティなどで自分の印象を残したい時や周囲にアピールしておきたい時などに使えます。

      さらに、年齢を重ねて50代以上になってきたら胸元が重たく見えないような工夫をする必要があります。

      そのため、周りに威圧感をあたえないように、ワントーン明るめのものをチョイスすることで、仕事を楽しみ、人生を謳歌している感を出すことができます。

top