ネクタイの起源と歴史 - 結婚式で悩むネクタイ

結婚式で悩むネクタイ

  • ネクタイの起源と歴史

    • ビジネスマンの服装で欠かせないのものといえば、皆さんは何を想像されますでしょうか。
      大半の方はネクタイを想像されるのではないでしょうか。

      今ではビジネスファッションだけではなくもちろん礼装や学生の制服、カジュアルな服装でも積極的に着用されており、私たち日本人のファッションにおいて重要なツールとなっているのです。現在のネクタイの起源は諸説ありますが、17世紀のフランス国王ルイ13世時代はクロアチア兵を傭兵として雇っており、そのクロアチア兵は首の周りにスカーフを着用しており、そのスカーフが起源と呼ばれております。

      ルイ14世時代には、宮廷人の間で首元をレース等でエレガンスに着飾りこぞって競い合い、そしてヨーロッパ中に広まっていくのでした。

      ネクタイに関して悩んだら、是非お試し下さい。

      19世紀後半の産業革命時代にはイギリスのアスコット競馬場に集まる紳士達によって「アスコットタイ」と呼ばれる現在の原型が発信されます。


      そもそもネクタイはいつ頃、日本に広まったのでしょうか。

      日本での歴史は1851年にジョン万次郎がアメリカから帰国した際の所持品に含まれていたことから、日本で初めてネクタイを身に着けた者と言われています。

      明治維新後の明治政府は西欧各諸国の服装を積極的に推進しており、政府の役人を中心に広まっていきました。



      大正末期には洋装が一般市民にも普及されるようになり、ネクタイもファッショの一部として広まっていくようになり、現代では世の男性達の首元を聞かざる重要なアイテムとして位置づけをされているのです。



top